×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病と低血糖

低血糖について

糖尿病を患っている人の場合には血糖値を下げるためのお薬を服用していますので、場合によって低血糖になってしまう事があります。糖尿病そのものは常に血糖の高い状態になってしまいますので薬を服用する事で血糖値を下げる必要があるのですが、体が薬に慣れていなかったり、薬の作用が強すぎてしまう場合には低血糖に陥ってしまいます。

 

このような低血糖の対策として最も良いのは、当然お薬の服用量や種類をしっかりと使い分けていく事になりますが、その日の体調によって低血糖になってしまう事もあると言われています。そのため、万が一血糖値を下げるためのお薬を服用し、体調に変化を感じた場合にはすぐに担当医師に相談する事をお勧めします。

 

低血糖の状態に気が付かず、そのままにしてしまうと意識が薄れてしまうと言った症状や、手足に震えが出てしまうと言った症状が現れますので、早い段階で対策をしていくようにしましょう。

 

主に低血糖の対策としては上記したようにお薬の服用量などを変えていくものになりますが、これ以外にもインスリンの量を変更したりすると言った対策もありますので、必ず担当医師と相談しながら使用していくと良いでしょう。

 

また、糖尿病の治療薬の中でジェネリックとして販売され、海外から簡単に個人輸入する事が可能なものもありますが、このような薬を服用してしまい、低血糖に陥る可能性もありますので注意が必要です。

 

それから、低血糖になってしまうタイミングとして急に体を動かした時や、食事を摂らない時間が長くなり、空腹の時間が長くなってしまったと言った場合などがありますので、出来るだけ極端な空腹を避け、運動する際にも急激に体を動かすのでは無く、徐々に動かしていくようにしましょう。


借金

メルビンの効果と副作用