×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病の治療方法とは?

治療について

糖尿病となってしまった時にとられる治療法は大きく別けると3つになります。食事療法と運動療法、薬物療法の3つが糖尿病の治療方法となってきます。糖尿病の症状がまださほど進んでいないのであれば、まず食事療法と運動療法によって対応していきます。残念ながら糖尿病が進行してしまった時には、経口の内服薬やインシュリンの注射などを用いての薬物療法が必要となってきます。では、個別にどういった治療をしていくのかを見ていきましょう。

 

食事療法と言いましても、基本的には食べてはいけないものなどはありません。暴飲暴食をしてしまうと糖尿病を進行させてしまいますので、食べ過ぎないように心がけていきましょう。糖尿病における食事療法の場合ですと、1日の摂取カロリーは1600キロカロリーくらいにとどめておくようにします。このカロリー内で栄養のバランスが取れた食事を摂るようにしていきましょう。

 

次に運動療法ですが、運動不足は糖尿病の原因の一つであると言われています。適度に運動をすることを習慣づけていきますと、糖尿病の予防や改善には大きく効果を期待出来ます。運動と言っても、ウォーキングや所銀子、水泳などの有酸素運動をしていくようにすると良いでしょう。最初の内は無理をしないように10分くらいかけて軽い運動をしていきましょう。ストレッチや体操などでかまいません。運動になれてきたらウォーキングやジョギングなどを行っていくようにしましょう。薬物療法としは、使われる薬は2つになります。インスリン注射か血糖降下剤のどちらかを症状や糖尿病のタイプによって使い分けていくことになります。


借金

メルビンの効果と副作用